東京の番町美容歯科
番町美容歯科コラム

白い歯に憧れているなら美容歯科・審美歯科

美しい歯を目指すなら、美容歯科や審美歯科で治療を行うことができます。まるで芸能人や人気モデルのように、白さが輝く口元を目指すのならば、オールセラミッククラウンを選択することができます。不自然な白さではなく、生まれつきの歯とほとんど見分けが付かないほど、自然な美しさを実現するのがオールセラミッククラウンの特徴です。天然の歯と見た目はほとんど変わらないのに、欠けたりしにくい強度があるのも利点です。

オールセラミッククラウンの治療を始める前に

美容歯科や審美歯科でのオールセラミッククラウンの、歯科治療にかかる期間としては、数回の通院が必要です。まずは担当する歯科医師とのカウンセリングを行います。歯の状態を確認して、治療方法や料金の見積についてなども相談することができます。カウンセリングに納得したら治療に入りますが、まずは、お口に中の状態を把握するためにレントゲン撮影をしたり、歯の型取りを行う必要があります。カウンセリングでは、十分な話し合いの時間があるので、不明点や不安が残らないように質問しておきましょう。

治療1:歯の形成

治療の1回目は、歯の形成になります。多くのデンタルクリニックでは、無痛治療を取り入れています。そのため、歯肉に表面麻酔をして、それから浸潤麻酔をすることで、歯科治療の痛みを感じることなく治療を受けることができます。その日はプラスチック製の、仮の歯を装着します。仮歯があれば周りの人に治療を気づかれることなく、いつもどおりの生活が送れます。

治療2:仮歯の修正

2回目の治療では、仮歯の修正を行います。仮歯の使用に違和感がなければ、人工のオールセラミックの歯を作成していきます。ここから、そのための型取りの作業に入ります。作成する歯の色や口腔内に合った形状、傾き加減等、要望を話しながら決めていきます。再び、仮歯を装着して、その日の治療は終わりになります。3回目が、オールセラミッククラウン治療の最終日となります。この日には2回目で型取りを行った、オールセラミッククラウンの歯が仕上がっています。

仕上げに

完成したオールセラミッククラウンの人工歯を、試してみて納得したら、外れないように装着を行います。装着をした後に、歯科医院によっては、歯のクリーニングを行うことがあります。歯はツルツルになり、キレイで快適な状態で治療を終えることができます。希望すれば歯科衛生士による、正しい歯磨き指導をしてくれる場合もあります。これで治療は終わりですが、そのあとも定期的なメンテナンスとして、デンタルクリニックへ通うことが必要になります。美しい口元に憧れているのなら、まずは美容歯科や審美歯科の足を運んでみてください。